So-net無料ブログ作成

【R-1グランプリ】結果&審査員に激怒!その訳???芸人・視聴者の怒りと今後のお笑い界? [エンタメ]

スポンサーリンク





【人気芸人もぶち切れ】
   『笑い』に真剣に取り組んでいる芸人からすれば、審査基準のない審査ほど不公平で迷惑なことはない。
   それが、いくら売れている先輩芸人や、世間的に成功を収めている有名人による『評価』であっても・・・
   納得できる説明がなければ、すべてが無駄の努力で終わってしまう!

【R-1グランプリ】
   『ぴん芸人』の日本一を決定する番組。
   今回は、過去最多のエントリーとなる3715人の頂点に!
   見事にその頂点に立ったのは、芸歴17年目の「やまもとまさみ」だった。

【ガリガリガリクソンがぶち切れた!】
   「あのウケで何で落ちんねん!R-1なんか2度と出るかヴォケ!!!     あのデブの審査員!!! ウケが一番ちゃうんか!                    お客さんの満足度が一番ちゃうんか!                    審査員のためにやってるんちゃうわ!     審査員なんて金払わんとただでみくさりやがって。     目ついたろやかなんやねん、お笑いってライブちゃうんか!!!     こっちはその一瞬に命かけとるんや!!!     君には努力のあとが見えません。当たり前や!!!     ピエロがジャグリングのマメみせてどうするんじゃタコス!」
   と、自身のツイッターで今回の結果に激怒していた。
知らない人のための画像はこちら  ↓ ↓ ↓
http://msp.c.yimg.jp/yjimage?q=95abrQUXyLE6bYjb7YsAohcKyqQEGz6rJdXghykWbG6W6uiVFMPzih.N3dyrIRjnWHm2ADvL2fEUX4r3PKRZtlhRvf.MfX18Jx_UZiAc_Nnop4DtigwfiNn09nhsH1zQDK4-&sig=12tpsajep&x=113&y=170
【プロダクション関係者の所見】
   この種の予選は、参加人数も多く、審査が長時間に及ぶため、観客もダレてくるのか、
                       途中マイクを倒しただけでも〝笑い〟が起こることがある。
   しかし、ガリガリガリクソンの場合は、ネタで明らかに他の芸人よりもウケていた。    その結果も考慮されず、明確な理由もなく、審査員の好みで落とされたとあっては、                        キレるのも当然でしょう!
   との声も出ています。

【ビートたけしは・・・】
   「THE MANZAI」で、最高顧問を務める、”ビートたけし”は、
                       演者である芸人の胸の内を代弁するかのように、  
   『審査員なんてバカ野郎で漫才知らない奴ばかり。知らない奴が並んで・・・                        てめぇがやってみろこのやろう』
   とまで言い放っている。

【審査基準って???】
   最近は、視聴者による投票システムが採用されてますが、
                       この評価が審査員と一致していないケースが多い。
   今年の『R-1グランプリ』だと、スギちゃんが、視聴者からのポイントが高かったものの落選。
   逆に、レイザーラモンRGは、視聴者からのポイントは低かったものの、審査員の評価が高く、
                       決勝トーナメントへ進出している。
   視聴者の評価が必ずしも正しいとは言えないが、
                       どうしてその芸の方がポイントが高いのとか、
   明確に説明できる人がいないので、
                       演者である芸人はもちろん、視聴者も納得がいかない。(放送作家)

   次回の『THA MANZAI』や『R-1グランプリ』はどのような審査員が、                        どのような審査を行うのが注目である。
    

        


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。