So-net無料ブログ作成

宮本武蔵主演木村拓哉【時代劇】あらすじ公開・原作と豪華共演者活躍&画像紹介、キャスト注目! [ドラマネタ]

スポンサーリンク




木村拓哉さん主演の時代劇『宮本武蔵』が、テレビ朝日開局55周年記念 2夜連続ドラマスペシャルで放送されます。人気グループ「SMAP」の木村拓哉さんが、来年3月に「宮本武蔵」で希代の剣豪・宮本武蔵を演じることが、明らかになった。木村さんが時代劇に出演するのは、2006年の映画「武士の一分」(山田洋次監督)以来、8年ぶり。また、同局のドラマに出演するのは、1995年のスペシャルドラマ「君は時のかなたへ」以来、19年ぶりになる。
musasi.jpg

musasi-kimura.jpg
 剣道経験者の木村さんは「小さいころから“刀を振る”という経験をしてきたので、宮本武蔵という存在は、いやでも意識してしまう人物。武蔵に抱いていた謎をひとつひとつ解明していけることも楽しみにしています」とコメント。「これまでも数多くの先輩方が宮本武蔵を演じられてきましたが、僕もワンカット、ワンカット妥協のない『OK』をいただいて、最終的に自分の“武蔵”になればいいなと思っています」と意気込んでいる。

 同局の開局55周年記念ドラマとなる今作は、吉川英治さんの代表作「宮本武蔵」を原作に、強いだけでなく、弱さやもろさも抱える愛すべき人間として武蔵を描き、従来の時代劇とは異なりCGやワイヤアクションを取り入れるなど、“新たな武蔵”を表現していくという。ライバル・佐々木小次郎と雌雄を決する巌流島の戦いや、吉岡一門との死闘、一乗寺下り松の70人斬りなどといった見せ場も用意するほか、お通との悲恋も描かれる。

 監督はドラマ「信長のシェフ」を手掛けた兼崎涼介さん、脚本は「アンフェア」シリーズや映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」などの佐藤嗣麻子さん、音楽は「新撰組!」「半沢直樹」などの服部隆之さんが担当。アクション監督は映画「るろうに剣心」などの谷垣健治さん、衣装とキャラクターは鬼才・澤田石和寛さんが務めるなど、これまでの時代劇の常識にとらわれないドラマを目指す。

 木村さんはこのほど、京都でクランクイン。「東京を離れ、京都という地で撮影させていただくというのは、ピリッと気持ちが引き締まる。現場のスタッフ・キャストの皆さんが全力でぶつかってくださるので、僕も最後までやり通したい」と気合十分だ。

 同局の横地郁英ゼネラルプロデューサーは「宮本武蔵の強さ、ミステリアスな魅力を演じてもらうのは、木村拓哉さん以外にないと思い、出演をお願いし続けて実現することができました」と明かし、「木村さんにテレビ朝日のドラマに出ていただくのは19年ぶりで、非常にワクワクしています。強さの裏側に挫折や弱さもある宮本武蔵の人間的で奥行きのある魅力。今まで見たことがなかった宮本武蔵を、木村拓哉さんとともに作っていけたら」と語っている。


musasi-maki.jpg
 原作は吉川英治氏著の小説『宮本武蔵』です。


 『宮本武蔵』は全6巻ですが武蔵の恋人・お通は架空の人物で、モデルは吉川氏の奥さんではないかと言われています。今回、武蔵の恋人・お通役を真木よう子さんが演じます。そのお通はもともと、武蔵の幼馴染・又八の許嫁でもありました。



musasi-yusuke.jpg
 武蔵とユースケサンタマリアさん演じる又八は、関ヶ原の戦いに西軍として参戦し、そして、惨敗してしまう。武蔵と又八は故郷目指して逃走するのですが、その最中に又八は、高岡早紀さん演じるお甲に誘惑され、そのまま姿を消してしまいます。後に、お甲は京で遊郭を開き、又八はその稼ぎで暮らすようになります。



musasi-kagawa.jpg
 そして今回、木村さんとの共演で一番の話題となっているのは僧侶・沢庵役の香川照之さん。(4月からのドラマ「MOZU」で、西島さんとの共演も話題となっています。)



musasi-sawa.jpg
 そして、佐々木小次郎役を沢村一樹さんが演じます。



musasi-fuku.jpg
 武蔵のことを“先生”と呼び、共に暮らし始める孤児・伊織役を鈴木福くんが演じます。(福くんは現在9歳。これからの活躍が楽しみです。)

 余談ではありますが、
この小説「宮本武蔵」を原作として、井上雄彦氏が漫画「バガボンド」を描かれたみたいです。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。