So-net無料ブログ作成

映画【ホットロード】能年玲奈の相手役「登板広臣」抜てきの裏事情?主題歌 [芸能ニュース]

スポンサーリンク




少女漫画『ホットロード』の実写映画版が、2014年夏のロードショーで公開されます。『ホットロード』の主演は、あまちゃんで有名になった『能年玲奈』さん。能年玲奈(20)さんの、相手役に抜てきしたのは、三代目JSBのボーカル『登坂広臣』さんですが、 『ホットロード』で映画初出演で大役を務める。
hotrord-touban.jpg

【登坂 広臣 基本情報】
   ☆ 出生名    登坂 広臣
   ☆  出生    1987年3月12日(27歳)
   ☆ 血液型    A型
   ☆ 出身地    日本の旗 日本・東京都
   ☆ 職業     歌手
   ☆活動期間    2010年 -
               レーベル rhythm zone
   ☆ 事務所    LDH   
   ☆共同作業者 三代目J Soul Brothers

 
 実写映画化が発表された『ホットロード』(三木孝浩監督、2014年夏公開)に主演する女優・能年玲奈さんの相手役・「春山洋志」を、三代目J Soul Brothersのボーカル・登坂広臣(25)さんが演じることが、28日わかった。

 音楽活動のほかにも、フジテレビ系リアリティーショー『テラスハウス』にレギュラー出演するなど、幅を広げる登坂広臣さんが、映画初出演を飾る。

 同作は、『別冊マーガレット』(集英社)に1986年1月号~87年6月号まで連載され、女子中高生を中心に絶大な人気を集めた少女漫画が原作となっています。

 誰からも愛されていない、必要とされていない、という悩み孤独を抱えながら生きる14歳の少女・宮市和希(能年)が、暴走族の16歳の少年・春山と出会うストーリー。

 共に自分の居場所を探して、傷つきながらも、惹かれ合う“究極の純愛・・・を描く。


 今回が映画初出演の、登坂広臣さんは、
  「春山という原作者の紡木たく先生、読者の皆さんの思い入れの強い存在に、
   自分を抜てきしていただいたことに深く感謝しています。
   自分が音楽やエンターテイメントと向き合う気持ちと同様、
   この映画にも自分の出来ることを全力で気持ちを注いで、
   精一杯頑張らせていただきたいと思います」
                                と大役を務める決意を語る。

 原作者の紡木氏は、「どこにもいないであろうと思っていた和希と春山がみえるように思いました」と能年、そして登坂のキャスティングに太鼓判を押す。

 国民的人気を得た『あまちゃん』(NHK)から一転、不良の世界に憧れ、のめり込んでいくヒロインを演じる能年はもちろんだが、複雑な家庭環境で育ち、命を顧みない生き方をしている春山を、約3万人が参加したボーカルオーディションを勝ち抜いた登坂がどのように演じるか、注目される。

公開日=8月16日(土) 主題歌は『OH MY LITTLE GIRL』、尾崎豊
hotrord-0.jpg



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。