So-net無料ブログ作成

宇津井氏死去当日再婚、法律は?喪主加藤文恵【写真】前妻・名前、遺産目当てか [芸能ニュース]

スポンサーリンク




俳優・宇津井健さん死去(82)肺気腫の病気を患っていた。慢性呼吸不全で死去。 その当日に再婚しており、再婚相手は名古屋の高級クラブ「なつめ」の加藤文恵さん(80)。写真あり。法律大丈夫?ちょっと、まとめました。

image.jpg 今月14日に古屋市の病院にて慢性呼吸不全で死去した俳優の宇津井健さん(享年82)が、名古屋市内の女性(80)と死去する当日に再婚していたことが18日、分かった。

19日発売の女性誌「女性セブン」が報じており、死の数時間前に婚姻届を提出。女性は宇津井さんの体調が悪化した約1年ほど前から献身的に支えており、宇津井さんが死の約2週間前にプロポーズしたという。

2006年に妻を亡くして以降、晩年は独り身を通したとみられていた宇津井さん。しかし、愛妻亡き後の宇津井さんを支えた女性の存在と、再婚が明らかになった。

 女性セブンの報道やサンケイスポーツ取材によると、再婚相手は『加藤文恵さん(80)】名古屋で政財界の著名人や芸能人も通う高級クラブやスポーツクラブを経営する実業家で、エッセー出版や映画出演の経験もある。

宇津井さんが亡くなったのもこの女性の自宅で、17日に同市内で営まれた葬儀で喪主を務めたのもこの女性だった。

 40年ほど前からの知り合いで、9年前に食事会で再会して以降、客としてクラブに通うように。
その間の2006年4月、前妻の友里恵さん(享年74)が肝臓がんで死去。

フジテレビ勤務の長男夫婦と都内の2世帯住宅に住んでいたが、妻の死後は名古屋に足を運ぶ機会が増え、挙式はしていないが2012年にハワイ旅行をするなどパートナーのような存在となっていった。

 宇津井さんは約1年ほど前から肺気腫が悪化。名古屋市内の主治医の元に、女性宅から通うようになった。そして死期を悟ったのか、亡くなる2週間ほど前に宇津井さんからプロポーズし、宇津井さんの長男ら親族も再婚に納得していた。
image.jpg
宇津井さんは14日午後6時5分に息を引き取るが、女性の知人が代理として婚姻届を提出したのはそのわずか数時間前だったという。

前妻亡き後の自身を支えてくれた女性への“ケジメ”だったのだろうか、再婚を果たした事実を知り、安心したように静かに息を引き取ったとみられる。

 17日に名古屋市内で営まれた密葬形式の葬儀・告別式で喪主として 務めあげた“妻”の姿に、宇津井さんも前妻の友里恵さんも天国でうなずいているに違いない。


★婚姻届と死亡届、同じ日でも成立
 法曹関係者の話によると、「亡くなった当日、あるいは直前に婚姻届を提出するというのは、非常に珍しいケース」だという。ただ一般論として、「亡くなった方が死の直前でもきちんと
判断能力があり、自らの意思でお相手の方と婚姻届を出したのであれば、夫婦関係は成立します」としている。

 また死亡届は死から7日以内に提出する必要があるが、「婚姻届の提出と死亡届の提出が結果的に同じ日になったとしても、それ自体には問題はない」という。

★お別れの会
 宇津井さんのお別れの会は、5月1日に東京都港区虎ノ門
2の10の4、ホテルオークラで開催(時間未定)されることが決まった。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。