So-net無料ブログ作成

辻仁成の昔話「たかじん不仲説」離婚騒動「前妻・南果歩VS中山美穂」原因エピソード【写真】 [芸能ニュース]

スポンサーリンク





 ECHOESのボーカルとして活躍していた作家の辻仁成が、昔歌手・故「やしきたかじん」と喧嘩したとか『不仲説』が・・・。変貌・辻仁成の女性問題に迫ると、離婚騒動!初婚・前妻対決「南果歩」「中山美穂」どっち?世間を騒がせる『辻仁成』の真相について、まとめてみました。

【やしきたかじん事件の真相】

tuji.jpg 80年代はロックバンド「ECHOES」のボーカルとして活躍していた作家の辻仁成が、関西のラジオ番組『ハローナショナルショールーム』にプロモーションで出演したときのこと。

 「ECHOES」も、あまりのやる気のない態度に、やしきたかじんが、『ワレ!真面目にやらんかい!ちっともおもろい事しゃべらんし!』と、激怒。

 それに対して『俺たちは音楽でコミュニケーション取ってるから言葉はいらねえ』と、答えたとのこと。

 それに対してたかじんが、譜面台を投げつけ暴れたり、辻を殴ったりして騒然とさせたそうです。それ以来、犬猿の仲だとか・・・。

 尚、辻仁成はキレやすい性格のようでした。はなまるマーケットでも、奥さんのことを聞かれてキレたようです。


【前妻その1:南果歩との真相】

kaho.jpg 女優の南果歩(49)が、歌手さだまさし(61)の小説「解夏」に収録された同名の名編を原作にした映画「サクラサク」の完成披露会見に出席した。

 南果歩は、同作で緒方直人(46)演じる夫の俊介、2人の子供(矢野聖人、美山加恋)、藤竜也(72)演じる義父の5人家族の主婦を熱演。
 家庭を顧みない夫への不信感が、義父の老人性認知症をきっかけに表面化。
 崩壊しかけた家族の絆を、義父の記憶を頼りに出かけた家族旅行で取り戻す物語。

 この日、辻仁成(54)と女優の中山美穂(44)の離婚報道が出たため、夫婦関係の難しさを描いた同作の会見での南果歩の発言に注目が集まった。

 緒方から「(撮影中)妻の表情がつらかった」、さだからも「明るい果歩さんが能面みたいだったね」とツッコまれた南。
 「家族が目を見て話さなくなって時間がたってしまったら、日常から取り戻すのは至難の業」と、実感を込めた。

 夫婦関係のコツを聞かれると『夫婦は家族だけど、他人だというのを忘れちゃいけない。他人だからこそ、感謝を言葉や態度に出すと、人間関係は良くなると思う』と語り、さながら、辻・中山夫妻へのアドバイスのようだった。

【前妻その2:中山美穂との真相】

miho.jpg 女優の中山美穂(44)とミュージシャンで作家の辻仁成(54)夫妻が、離婚協議に入っていることが、報道された。別居はしておらず、仏パリで長男(10)と暮らしている。

 2人の関係者は「普通の夫婦と同じで、溝ができたのではないか」と説明。
 現地の滞在許可証を継続するため、夫婦のどちらかが日本で仕事が入っているときは、もう1人がパリで育児をしなければならないなどの制約があり、事実上の『すれ違い生活』が続いていた。

 中山は今月24日に都内でCM発表会に出席後、渡仏。
 辻は脚本・演出を務める舞台「海峡の光」(4月11~29日、東京・よみうり大手町ホール)の稽古のため、国内に滞在している。

 2人は2001年7月に出会い、翌02年6月に電撃結婚。
 04年に長男をもうけた。

 中山の所属事務所はサンケイスポーツの取材に『(離婚協議など)正式な報告は受けていないです』としている。

 『音楽があるから言葉はいらない』では、友の亡くすし・・・妻も無くす・・・。淋しい人生になりそうですね!



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。