So-net無料ブログ作成

『暴君ハバネロ/アボガド』コンビニ販売!外国人好きらしい。ハバネロで米学校閉鎖の事件! [エンタメ]

スポンサーリンク




『暴君ハバネロ』知ってますか?暴君ハバネロを外国人にプレゼントして、大喜びされたという噂を聞いたことがある。激辛「暴君ハバネロ」アボガド味が発売。コンビニでも目にするでしょう。ロシアンルーレットで活躍しそうです。米では校庭にハバネロが・・・?。それが原因で「学校閉鎖」になるという驚きのニュースが飛び込んできた!
image.jpg
 これが↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑【暴君ハバネロ】


image.jpg 株式会社東ハト(本社:東京都豊島区、社長:小森和輝)は、2014年2月10日より、ウマ辛スナック「暴君ハバネロ・アボカド」を、全国コンビニルート先行(一般ルートは2月17日発売)にて新発売いたします。

 激辛トウガラシ「ハバネロ」を使った刺激的なウマ辛さと、暴言をはく個性的なキャラクターなどで、多くのお客様にご好評いただいております「暴君ハバネロ」(2003年11月17日発売)のシリーズ商品として、この度、「暴君ハバネロ・アボカド」が新たに登場いたします。

 「暴君ハバネロ・アボカド」は、暴君ハバネロのウマ辛さはそのままに、クリーミーな味わいが楽しめる、ウマ辛クリーミーなポテトスナックです。
 生地にアボカドペーストとブラックペッパーを練り込み、さらにクリームチーズのまろやかな旨みを加えて、暴君の故郷であるメキシコで日常的に食べられているディップソース「ワカモーレ」の味わいを再現しました。
 アボカドならではのクリーミーなまろやかさと、ハラペーニョやハバネロのほどよい辛味を組み合わせたクセになる味わいで、おやつはもちろん、ビールなどのお酒のおつまみにもぴったりです。

【校庭に激辛「ハバネロ」、31人が不調訴え学校閉鎖】
 
 米コロラド州デンバー近郊の学校で、校庭で遊んでいた子どもたちが、目や皮膚への刺激を訴える騒ぎがあった。

 警察、消防当局が出動して調べたところ、木材チップの中から唐辛子の一種『ハバネロ』が見つかった。

 小学生から高校生までの生徒が通うジェファーソン郡オープンスクールでは7日、休み時間から戻った子ども30人と補助教員1人がアレルギーに似た症状を示した。
 数人が病院へ運ばれ、ほかの生徒や教員は近くの教会へ避難した。

 8日に学校を閉鎖して捜査したところ、原因は農薬でも催涙スプレーでもないことが判明。

 遊具の周りのウッドチップの中に、6個のハバネロが混入していた。

 地元の教育当局者はCNNとのインタビューで「どうしてこんな場所にハバネロがあったのか、見当もつかない」と語った。

 唐辛子の辛味成分カプサイシンの濃度を示す「スコビル値」は、メキシコ原産の青唐辛子「ハラペーニョ」が2500~5000とされるのに対し、ハバネロは10万~35万にも上る

 つぶしたり踏んだりするとカプサイシンが空気中に飛び散り、それを吸い込んだ時や目に入った時は焼けるような刺激を感じる。

 同校では校庭の遊具や地面を洗浄し、木材チップを入れ替えるなどの対策を取った。

 消防当局によると、病院へ運ばれた子どもたちも全員無事に帰宅。

 翌朝には授業も再開された。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。