So-net無料ブログ作成

新五千円札登場!スマホで見分けるアプリあり [社会]

新五千円札が発行される!旧五千円札との違いは「ホログラム」らしい。画像で簡単に説明します。また、細かい変更点もある。新五千円札の発行は2014・5・12で、スマホで紙幣を判別できる「アプリ」もあるらしいので、その辺もふくめて解説します。


【新・五千円札の発行】

 財務省は12月2日、新しい五千円札を2014年5月12日から発行すると発表した。

 大きな変更点は、紙幣表面、左下にある『ホログラムを覆う透明シール(ホログラムの透明層)』を、楕円形から長方形に拡大したところです。

image.jpg

 現行の五千円札に使われている『ホログラムの透明層』は、「一万円札」と「五千円札」とでは、形状がほぼ同じ楕円形である。
 そのため、手触りだけで見分けることは、困難でした。

 新しい五千円札は、『ホログラムの透明層』の形状が四角くなる。

 その他、紙幣のサイズも約1.7倍と大きくなるため、目が不自由な人でも、判別しやすくなるという。

 また、新五千円札は、記号と番号の印刷色も変わっている。
 現行の五千円札は「黒色」だったのに対し、新五千円札は「褐色」に変わり、より見やすくなっている。

image.jpg


【紙幣識別アプリ】

 国立印刷局は、音声がお札の種類を教えてくれるスマートフォンの『お札識別アプリ「言う吉くん」』を、無料で提供する予定です。(12月3日より)

 このアプリを起動して、スマートフォンのカメラをお札にかざすと、音声で額面を教えてくれます。
 たとえば、「五千円」とか、「一万円」などと教えてくれる。

image.jpg

 アプリはまずiPhone向けを提供するらしいです。
 アンドロイド向けは、今後、このアプリケーションを搭載する携帯電話キャリアや、端末メーカーを募集するという。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。