So-net無料ブログ作成
政治・社会 ブログトップ

藤巻幸夫死因「大動脈破裂」54の若さで死去。兄弟の実業家経歴と参議院議員歴【画像】 [政治・社会]

藤巻幸夫(参議院議員)さんの死去が報じられました。死因は大動脈破裂。藤巻幸夫さんは「カリスマバイザー」としても有名で、実業家であり、政治家であった。藤巻兄弟の兄「藤巻健史」さんも債券や株のトレーダーとして有名です。藤巻幸夫さんと藤巻健史さんは、異母兄弟であり、父は元東芝社員である。


fujimaki.jpg
・報告日:2014年3月16日
・報告事項:
 実業家・参議院議員として知られる藤巻幸大さん(2012年に、名前の公的な表記を「幸夫」から「幸大」に変更。"ゆきお"と読むのは同じ)が死去されました。
 死因は大動脈破裂で、54歳の若さでした。

 藤巻幸夫さんは、伊勢丹の社員時代に、カリスマバイヤーとして名を馳せ、「バーニーズ・ジャパン」「解放区」「リ・スタイル」などのブランドを立ち上げました。
 その後、独立し、足袋や靴下・ストッキングを製造・販売する企業「福助」の再建に成功。
 イトーヨーカ堂の取締役、セブン&アイ出版の取締役などを歴任しました。
 2012年にはWeb通販サイト「藤巻百貨店」をオープンし人気となっていました。

 メディアにも数多く登場し、日本テレビ「ズームイン!!SUPER」や、テレビ朝日「モーニングバード」のコメンテーターも務めた経歴があります。

 2010年の参議院議員選挙では、比例区でみんなの党から立候補し、一度は落選したものの、2012年に上位の当選者が、衆議院選挙に鞍替え立候補したことにより、繰り上げ当選しました。
 昨年末には、江田憲司議員らとともに、「みんなの党」を離れ、「結いの党」を結成していました。


fujimaki-ani.jpg
 また、異母兄の「藤巻健史」さんも、債券や株のトレーダーとして知られ、モルガン銀行東京支店長などを歴任し、2013年に日本維新の会から参議院議員選挙の比例区に立候補し、当選した人物であり、メディアでコメンテーターを務めたほか、朝日新聞では兄弟で「やっぱりフジマキに聞け」という連載を持っていました。

 藤巻幸夫さんは、昨年末頃からすい炎を患い、入院していたということです。
 この死去にともない、参議院では、みんなの党の田中茂さんが、繰り上げ当選するということです。

 ネットでは、そんな藤巻幸夫さんの突然の死去に衝撃が広がっており、「ショック!!新聞のコラムよく読んでたな、あれ好きだったな」「あんなにパワフルな人なのに。 パワフルだったからなのか。。。 うわ、うわ、ちょっと動揺」「クールジャパンの輸出に燃えていただけに残念」などとお悔やみの声が広がっています。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
政治・社会 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。